スポンサーリンク

飛行機や電車などで、気持ち良く眠りたい時に役立つアイテムと言えば、「耳栓」と「アイマスク」でしょう。

ここでは、これらの安眠サポートアイテムを選ぶ際に、覚えておいていただきたいポイントをご説明しましょう。

 

耳栓を選ぶ時には「防音性」と「快適性」をチェック

「どの耳栓が良いか分からない」という時は、まず「防音性能」をチェックしましょう。

 

主な基準として、「NRR(ノイズ・リダクション・レイティング、米国で採用)」「SNR(シングル・ナンバー・レイティング、欧州で採用)」といった規格が用いられています。

いずれの表記方法を使用している場合でも、「数値が大きいほど防音性能は高い」という点は変わりません。

ですから、「できるだけ静かな環境で眠りたい」という時には、NRRやSNR値をチェックして、より数値が大きい製品を選ぶと良いでしょう。

 

とはいえ、どれほど遮音効果があったとしても、付け心地が悪ければ意味がありません。

ですから防音性能に加えて、「快適性」つまり耳にどれほどフィットするか、という点もチェックするのは大切です。

 

固い素材の耳栓を無理やり押し込んで使っていると、皮膚が炎症を起こして、外耳炎になってしまうこともあるので注意が必要です。

「長時間使っていて耳が痛くなったことがある」という人には、耳に入れると徐々に膨らむ「フォームタイプ」か、自分で形を調整できる「シリコンタイプ」をおすすめします。

アイマスクを選ぶ時は「装着感」と「遮光性能」が重要

アイマスクを選択する時のポイントは、「装着感」です。

デザインがあまり良くないと、カバー部分が鼻に当たってしまったり、目の周りを圧迫してしまったりして、寝心地が良くないということが起こり得ます。

また、ゴム紐を耳にかけて使用するタイプの場合、ゴムが強すぎて耳が痛くなってしまい、とても安眠できないということもあります。

ですから、圧迫感がない素材のアイマスクを選ぶのはとても大切です。

 

もう一つのポイントは、「遮光性能」です。

アイマスクを装着したものの、隙間から光が入ってきてしまうため、ゆっくりと眠ることができない、というケースが見られます。

ですから、購入する前に試着をしてみて、視界のどこからも光が入ってこないかどうかをチェックすることはとても大切です。

そうして、光を完全に遮断することで、脳からは睡眠を促すホルモンである「メラトニン」が活発に分泌され、心地よい眠りを得やすくなるのです。

 

リラックス効果をさらに高めるため、アロマの香りが漂うアイマスクを使用する、というのも良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事