スポンサーリンク

日本の夏はとても蒸し暑く、寝苦しい夜が長く続きます。

では、そうした気候の中で、睡眠時間を快適に過ごす方法はあるのでしょうか?

ぜひおすすめしたいのは、「夏用の快眠枕を使うこと」です。

 

冷感素材を使った枕が多く登場している

肌と触れた瞬間に、ひんやりと感じることができる「冷感素材」を使用した枕が、近年数多く登場しています。

冷感素材とは、素材そのものが冷たいのではなく、肌から熱を吸収して分散する能力に優れている素材のことです。

そのため、氷枕のように時間が経つと周りに水滴が付いてしまったり、枕の表面が汚れてしまったりする、という心配がありません。

 

冷感素材を使ったおすすめの枕は、「YOKONE2」です。

「ムーンムーン株式会社」から販売されているこの製品は、表面に冷感素材が使用されているだけでなく、頭から肩、腕までをトータルに支える独自の形状になっており、蒸し暑い夏の夜に心地よい睡眠を提供してくれます。

いびきを軽減する効果もある、というのもおすすめしたいポイントです。

昔ながらの素材を使った通気性の良い枕も人気

昔から夏場には、快眠用枕の素材として「そばがら」が使用されてきました。

そばがらを内部素材として使った枕は、通気性に優れ、蒸し暑い夜でも心地よく眠ることができます。

とはいえ、そばがらの枕は衛生管理が難しく、また中身が出てしまいやすいという理由から敬遠する人も少なくありません。

 

そんな人にぜひ使っていただきたいのが、そばがらを使った最新式の枕「そば夢物語」です。

「枕と眠りのおやすみショップ!(まくら株式会社)」が販売するこの枕には、厳選したそばがらを使っている事に加えて、通気性や吸湿性を高めるためにさまざまな工夫が施されています。

長期間使用しても、そばがらが出てしまわないよう、袋は厳重な二重構造になっています。

また、首に負担をかけないデザインになっているのも、この枕の魅力です。

厳密には枕ではない?けれどおすすめの商品

夏場の心地よい睡眠を求める多くの消費者から、近年爆発的な人気を獲得しているのが「睡眠用たわし」です。

「悟空のきもち(株式会社 ゴールデンフィールド)」が開発したこの商品は、形状はまさにたわしで、表面にはとても丈夫な素材が使用されています。

そのため、使い始めは「少し固すぎるのでは」と感じる人が多いようです。

とはいえ、慣れてくると表面の固さが刺激となって、心地よく寝ることができるようになります。

また、素材の通気性が非常に良く、熱がこもりにくいので暑い時期には大変便利です。

加えて、洗うのがとても簡単、というのも睡眠用たわしのメリットです。

スポンサーリンク
おすすめの記事