スポンサーリンク

 

「風通しの良い場所で保管していたにも関わらず、マットレスにカビが生えてきた」という悩みを抱える人は、意外と多くいます。

では、カビを取り除くためのクリーニング作業は、どのように行うのが正しいのでしょうか?

ハウスダストと皮脂、汗がカビを育てる原因

マットレスにカビが生えてしまうのは、室内にあるハウスダストと眠っている人の皮脂、そして睡眠中にかく汗の3要素が原因とされています。

 

そうした汚れが蓄積した状態で湿度が高くなると、カビが一気に増殖してしまうのです。

 

定期的に空気の入れ替えをしていたとしても、カビは睡眠時の体温を利用して繁殖してしまうため、それほど予防効果は高くないというのが現状です。

最も一般的な取り方は「エタノール」

マットレスで増殖したカビの取り方として、最初にお勧めするのは「エタノール」です。

 

これは、ドラッグストアへ行けば、比較的安価で簡単に手に入ります。

ジェル式ではなく、スプレー式のものを選ぶと良いでしょう。

 

カビの生えている部分に、まんべんなくスプレーをしたら、殺菌成分が浸透するまで30分から1時間ほど放置しておきます。

その後、柔らかいタオルで取り除きます。

 

ここで重要なのは、「ゴシゴシしない」という点です。

雑巾でゴシゴシ洗いをしてしまうと、せっかく消毒用エタノールで浮かしたカビを、繊維の奥に押し込んでしまう結果となります。

 

ですから、雑巾でカビをそっとすくい取るようにして綺麗にしましょう。

もし、一回で綺麗にならない場合は、さらに何回か同じ作業を繰り返して行います。

 

エタノールは揮発性が高いため、乾くまでにそれほど時間がかからないという点で、非常に有用なアイテムと言えます。

「カビとりスプレー」もマットレスのクリーニングに適している

もう一つの代表的な取り方は、「カビとりスプレー」です。

 

これをカビに直接吹きかけて、しばらくおいておくと、カビが徐々に消えていくのが分かるでしょう。

 

ただし、あまり多く噴霧してしまうと、洗剤の色がマットレスの表面についてしまったり、対照的に生地の色が漂白されてしまったりすることがあります。

ですから、振りかける量には注意しましょう。

 

また、カビとりスプレーはそれほど揮発性が高くないので、「カビが取れたな」と思ったら、乾いた綺麗な布で拭きあげることも大切なポイントです。

 

マットレスに増殖したカビを放置しておくと、ぜんそく症状などを引き起こす原因となります。

ですから、できるだけ早く対処することを心がけておきましょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事